2011年10月01日

薬薬連携

第1回「薬薬連携」の勉強会に参加してきました。

薬薬とは病院と薬局のこと。
(これに研究機関である大学を加えて「薬薬薬連携」というのもあります。)

今回は抗がん剤がテーマでした。
肝臓専門の医師、病院薬剤部、調剤薬局の意見のやりとりを行いました。

抗がん剤が処方された患者さんに対するフォローについても話題にあがりましたが、まだまだこれからといった感じです。

薬局としては病名や告知の有無などが一番知りたいのですが、病院のカルテ開示は難しいため、患者さんとのやりとりで情報を得なければなりません。
もし分かるような仕組みがあれば患者さんに対するお薬の説明も変わってくると思います。

今後の課題です。
posted by kuma-ph at 01:09| 香川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする