2019年02月28日

ひな祭りです。

私事ですが、ひな祭りの準備をしました。桃の節句です。

「桃の節句」と呼ばれるようになったのは、旧暦の3月3日に桃の花が咲くことや、桃の花は魔除けの効果を持つからとか…。
ひな人形には娘の厄を引き受ける効果もあるので、美しく成長して幸せな人生を送れるように願いも込められているようです。

        DSC_0002.JPG

去年は生まれたてで、よくわからなかった娘も、今年はひな人形で遊ぼうとして壊されないか心配です。
元気に育ってくれますように。

ウルス スタッフ

posted by kuma-ph at 17:09| 香川 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

初めまして。

新しく多肥店に入りました光眞(こうしん)と申します。
よろしくお願いします。

こちらで勤務するようになって、アトピスマイルを初めて知ったので、薬用入浴液を1回試してみました

アトピスマイル薬用入浴液は、お米を原料としたライスパワーNo.1-Dが有効成分で、温浴持続効果、清浄効果、リラクゼーション効果、保湿・美肌効果、スキンケア効果のある入浴剤です

森林の香りが心地よく、優しいお色です。
乾燥肌の6歳の娘もとても気に入り、またこのお風呂に入りたい!と言っています。

アトピスマイル薬用入浴液は、1回お試し140円で販売しています。
ご興味のある方は、スタッフへお声掛けください



item_atopi_smile_item_003_trial_l_2.jpg
posted by kuma-ph at 14:00| 香川 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

写真展

少しずつ暖かい陽気になり、過ごしやすくなって来ましたね

私事ですが、先日の連休の雪の日、ハットリくんという猫の写真展に行って来ました。
IMG_1910.jpg
ハットリくんは東日本大震災の時に、福島県で森さんに保護された猫ちゃんです。
壁一面、より目でかわいいハットリくんの写真でいっぱいです。

森さんの足にかみついていたり、ダンボールをぼろぼろにしていたり…とてもやんちゃで元気な写真ばかりです
写真展なのですが、カメラOKで、来られていた方はみなさん好きなショットを大きく撮られていました
またこのような展示があれば足を運びたいです


本店では、今、花粉症コーナーを作成中です
FullSizeR (1).jpg
ぜひご相談下さい
(本店スタッフ一同より)
posted by kuma-ph at 17:38| 香川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月18日

舌下免疫療法について

しろくま薬局の久間です。
いよいよ花粉症シーズン到来ですね
しろくま薬局の患者様も風邪から徐々にアレルギー疾患へ変化しつつあります。

今年の香川県のスギ花粉飛散量は少ないとの予測でしたが、天候、風向きなどでは例年以上の飛散量の日もあるみたいです。
もともと花粉症を持っている方にしてみたら少ない飛散でも、症状は変わりないんですよね

さて、花粉症などのアレルギー症状にはこれまで、内服の抗アレルギー剤や点鼻液・点眼液などを合わせつつ対処してきました。
しかし、最近はそれらの治療に加え事前にアレルゲンを投与してアレルギー症状を起こさせないという治療が可能になりました
       舌下パンフ.jpg     舌下ポスター.jpg             
この治療は、舌下に錠剤を入れて溶かすだけの治療で非常に負担が少ないことが特徴で、根本的な体質改善が期待できるといわれています。
ですが、すべてのアレルゲンには対応しておらず、アレルギー科のDr.であれば処方できるというものでもありません。(処方できるのは研修を受けた登録Dr.のみです)。

現在はスギ花粉用ダニ用の2種類の治療を行うことができますのでご興味がある方は、                              
当社グループの店舗薬剤師にご相談ください。この治療が可能なドクターを紹介させていただきます!

私自身も花粉症なので、まずは何の花粉がアレルゲンか血液検査に行こうと思います
posted by kuma-ph at 19:27| 香川 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

粉薬の飲ませ方のコツ

寒い日が続いていますね

寒くなると、空気が乾燥し、いろいろな感染症が流行し
お薬を飲む機会も増えてきます

今回は、お子さんへのお薬の飲ませ方のコツをお伝えします

お薬を飲めた時には、ほめてあげましょうほめてもらうとうれしくなり、
次回も嫌がらずに飲んでくれることがあります
お薬を飲めないで叱られたことやが嫌な体験になり、
お薬嫌いになってしまうことがありますので、気を付けてください

お薬を飲んだ後は、口の中にお薬が残らないようにしてください
口の中にお薬が残っていると苦味を感じることがあります

お薬を飲む理由を話してみてください、「コンコン(咳)が治るよ」とか
症状がよくなったら、「お薬を飲んだからよくなったよ」と伝えてもいいでしょう

お腹いっぱいになったあとは、飲んでくれないことがあります
小児用のお薬は空腹時に飲んでも副作用や効果に影響があるお薬は少ないです
食事の時間はあまり気にせずに、1日3回でしたら、朝、昼2時ぐらい、夜に飲ませてください
寝ている場合は、無理に起こさず、起きた時に飲ませてください、
そのあと5-6時間ほどあけて飲ませてください


粉薬を他のものと混ぜる場合

お水に溶かして飲んでみてください
もし飲めない場合
服薬補助ゼリーを試してみてください

少量の食べ物に混ぜる方法もあります
ゼリー、プリン、スポーツドリンク、ヨーグルト、ココア、練乳、アイスなど
お子さんの好みの食べ物にまぜてみてください
吐き気があるときには、柑橘系のジュースは避けたほうがいいいです


混ぜて飲むと、苦味が出たり効きが悪くなるお薬もあるので
お薬をもらう時に、混ぜてはいけない食べ物があるか薬剤師に確認してください


赤ちゃんの主食となるミルクに混ぜると、ミルクの味が変わりミルク嫌いになることがありますので、ミルクには混ぜないでください
1歳未満は、ハチミツはさけてください。ボツリヌス症を発症することがありますので注意を


この前までは、ゼリーで飲んでくれたけど、しばらくしたら飲まなくなったということもあります
いろいろ混ぜてみたけどやっぱりの飲めない などお困りがあるようでしたら
どうしたら飲めるようになるか一緒に考えましょう、お気軽にご相談ください
                                             
                          

    ホワイト店  小児薬物療法認定薬剤師L
                         
posted by kuma-ph at 15:00| 香川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする