2019年12月02日

かぜをひかないように


だんだんと、気温も下がってきて、かぜのシーズンになってきました。
かぜをひかないために、免疫力の話をします。

 免疫とは、体を外敵(細菌、ウィルス、異物など)から守る働きのことです。 体には、外敵をやっつけるT細胞、マクロファージなどの免疫細胞があります。
その中でも、免疫力に大きな影響を持つT細胞は、胸腺(胸の中央部にある)という臓器で作られ、ウィルスを攻撃したり、マクロファージを元気づけたりします。
胸腺にとって大切な栄養素である亜鉛セレンといったミネラルが不足すると、元気のないT細胞が作られ、外敵をやっつけることができず、細菌やウィルスが野放しになります。そしてかぜをひきます。

 亜鉛は、成人で1日12mgは必要ですが、現在の日本人は、1日約9mgしか摂取しておらず、亜鉛不足になりやすくなっています。ここに、日本人の免疫力が落ちていると言われる一つの原因があります。

 オイスターは、亜鉛、セレンなどの微量ミネラルを豊富に含むサプリメントです。 オイスターで免疫力をつけましょう。 かぜをひいても免疫力の強い人は治りが違います。

 薬局では、アンケートにお答えいただいた方にサンプルを差し上げています。 是非、お試しください。  tablet_1-17948-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail2[2].jpg

                                      ホワイト薬局 スタッフ一同


posted by kuma-ph at 15:37| 香川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする