2021年05月12日

強い味方♪

こんにちは

今日は、オススメの間食紹介です

コロナの影響で運動不足が続いている私・・・。
でも毎日、しっかりおなかはすきます

小腹がすいた時にちょっとおやつを・・と手を伸ばしがち。
そんな時に強い味方になる
「もぐかみファイバー」
20210512_090141.jpg

ダイエット食としてもよく利用されている「こんにゃく」
味付きこんにゃくを乾燥させてチップ状にしています

よく噛むことで、満腹感も満たせて
それでなおかつ低カロリー

「お腹は空くけど、カロリーも気になる」
そんな時にはぜひお試しください

       志度店  スタッフ
posted by kuma-ph at 14:39| 香川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月10日

最近は暑くなってきましたね

最近暑い日が増えてきていますね。
特に車の中が熱くなっていて、思わず冷房をつけてしまったということもありますよね。

今回は熱中症対策についてお話します。

 熱中症になりやすい条件 

  1.   気温が26℃から35℃
  2.   湿度が60%から90%

  この条件に当てはまるときに救急搬送される人が増えるようです。

さらに、コロナ対策のためにマスクを着用していることで心拍数や呼吸数体感温度の上昇があり、熱中症のリスクは大きくなっています。

対策

  1.   水分をこまめにとる
  2.   日陰や日傘で日差しを避ける
  3.   ほかの人と2m以上離れられている場合はマスクを外す  など

特に水分については、のどが渇いた時だけでなく脱水になりそうな生活習慣の前後にコップ一杯の水分をとるようにするのもおすすめです。
(例)寝る前後、スポーツの前後と途中、入浴前後、飲酒の前後など

ただ、医師から水の量について指示されている量がある場合はその指示に従うようにしてください

三木店では、OS-1ポカリスエット イオンウォーターなど脱水対策にちょうど良い商品を置いております。

暑さにも負けず、コロナにも負けず、毎日を過ごしていきましょう
 三木店スタッフ
posted by kuma-ph at 16:21| 香川 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月06日

"寒暖差疲労"に気をつけましょう

みなさま、こんにちは

最近、暖かくなってきましたが、昼と夜の寒暖差で体調を崩されていませんでしょうか?
今回は”寒暖差疲労”についてお話させていただきたいと思います

寒暖差疲労はどのように起こるのか
 気温の寒暖差が大きいと自律神経の動きが活発になります
 そのため、自律神経が乱れやすく、疲労が蓄積されていくのです

寒暖差疲労にはどのような症状があるのか
 身体:肩こり、頭痛、めまい、冷え、顔のほてり
 心:食欲がなくなる、寝つきが悪い、イライラ、落ち込みやすくなる

寒暖差疲労を乗り越えるために次のことに気をつけてみましょう
 @服装選び
  気温が高くても湿度が低いと、日陰などはひんやりとしていることがあるので、
  羽織として長袖のシャツやジャケットを持ち歩いたり、首元を冷やさないように
  ストールを持っておくといいでしょう
 A身体を温める
  入浴時、38〜40℃のぬるめのお湯に約10分つかるといいでしょう
  また、「3首」(=手首、足首、首)を温めると、温まった血液が全身に
  効率よく回るので、身体が温まります

以上、簡単にご紹介させていただきました。ぜひご活用ください

多肥店 スタッフ
posted by kuma-ph at 12:28| 香川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする