2020年02月08日

薬の包み ごみの分別

こんにちは

まだまだ寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか


さて、先日患者さんから、薬をパックしている透明の包みについてご質問がありました

「これは燃やせるごみ?燃やせないごみ?」

ごみの分別方法についてです。


この包みは基本的に、燃やせるごみ(可燃ごみ)となります。

市町村により、ごみの分別は様々だと思いますが、販売元に確認したところ、高松市においても、燃やせるごみで出してください、との回答でした。パルプ等の原料で作られているそうです。

この包みは、粉薬や錠剤の薬を1回分ずつに分けてパックする時に使用しています。


通常、錠剤は、指で押し出すシートの包装から、服用の都度、患者さんがご自身で取り出すことが多いと思います。

しかし、服用する薬の種類が多いために管理が難しい場合や、押し出す力が足りず、取り出しにくい方などには、必要に応じてパックしてお薬をお渡しできます。(薬の性質や場合により、対応できないことや料金が発生することがあります。)


またこの包みには、氏名・用法(朝食後など)・服用日などを印字することも可能です。日付と用法が入っていると、飲み忘れや飲み間違いの防止にも有効です

01EC0A59-AEE7-46D9-B700-BEAD1D164685.jpeg

何かご要望がございましたら、ぜひお気軽にご相談ください


多肥店 スタッフ

posted by kuma-ph at 15:31| 香川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。