2021年09月10日

薬局認定制度

こんにちは。

少しずつ秋の風が入ってきて空の様子も澄んできましたね。
みなさまお体の具合はいかがでしょうか?

さて、今回はコラム的なものを書きたいと思います。

この8月より新たな薬局認定制度が始まりました。
地域連携薬局」「専門医療機関連携薬局」の2つがそれにあたります。
数年前よりは「健康サポート薬局」の認定制度が始まっておりますが、なかなか一般の方に
認知されていないように思います。

ざっくりと特徴の違いを述べますと、
 健康サポート薬局は介護と医療の橋渡し的な施設基準が求められており予防医学的な情報やサービスを提供できる薬局となります。

 地域連携薬局は、外来のみならず入退院時や在宅医療での他の医療提供施設との連携を基本とする薬局です。
 施設基準として、無菌調剤ができることや他の薬局などと連携が取れることなどがあります。

 専門医療機関連携薬局は、現時点では「がん」においてがん診療連携拠点病院との密な連携ができる薬局です。
 また、専用のブースを設置したりがん専門の認定を受けている薬剤師の常駐等が基準となります。

 これまでの薬局は、医療機関からの処方箋を受けて調剤を行うことがほとんどの業務になっていましたが、国が求める薬局薬剤師ビジョンは、もっと薬局の外に薬剤師が出て活動をするようにとメッセージを送ってきています。

 当グループでは「地域連携薬局」「健康サポート薬局」の認定取得を事業計画に組み込んでいます。
 すでに「しろくま薬局」では昨年末に健康サポート薬局の認定を受けており、今後は地域連携薬局の申請を準備中であります。
 処方せんなしでも、ちょっとした相談によれる薬局づくりを目指しておりますので、ご要望等があれば何なりとお申し出ください!

  現在LINEのお友達募集中です!お得なクーポンなどが配信されますので是非これを機にご登録ください。    QR.png


posted by kuma-ph at 18:00| 香川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。